パパの転職コンパス┃給料・勤務時間を自分で操る仕事術

子供ができてから、「今の給料で本当に家族を養っていける」のか不安になりますよね。今の会社で給料を上げるのは難しい、けど転職に失敗するのも怖いという方が多いのではないでしょうか。

パパの働き方コンパス・給料・労働時間・転職

『1歳児をお風呂に入れる』時の失敗談┃大事なポイント3つとは?

1歳児沐浴お風呂入れ方

1歳児を一人でお風呂に入れたときの失敗談です。

0歳児や1歳児を持つパパ・ママの解決策になればと思います。

 子供を育てるのって、本当に大変ですよね。

 

色んな失敗を子供と一緒にして、親も一緒に成長していく!

 子供は失敗するから、しっかり育っていくと思うんです!

なので、大人もいっぱい失敗しましょう!

 

スポンサードリンク
 

 タオルを忘れる失敗談

タオルを忘れたときの失敗談をお話していきます。

 

タオルを忘れると、相当焦ります!

普段、一人で子供をお風呂に入れる時は、お風呂の中までタオルを持っていきドアにひっかけておきます。

 

なので、お風呂場で、タオルを使って体を簡単に拭いてから出ることができるので、

部屋に戻った時に部屋をぬらされる心配があまりないんです。

 

【ですが、その日は違いました・・・・・・。】

 

いつも通り、着替えの準備もして、お風呂もためて、

身体に塗る薬も準備して。

よし!これで完璧だな!

と思っていました。

 

完璧と思っていたのに・・・・・・・・。

 

子供をお風呂に入れて、身体を洗い終わった後に、

 いつもの所にタオルがかかっていないことに気づきます。

 

この日は、ママもいません。誰も呼ぶことが出来ないのです。

子供に、

パパ、タオル取ってくるからちょっと待っててね

と伝えダッシュで、部屋まで取りに行きました。

 

子供は、パパの姿が見えなくなると、泣き出してしまいます。

タオルを取りに早く部屋に行き、お風呂場に戻り

子供に「ごめんね。」と伝えましたが泣き止みません。

 

こうなると、なかなか泣き止んでくれません。

着替えさせる時も、泣いてなかなか着替えさせられません!

 

服を着さすのにいつもの2倍はかかってしまいました・・・・。

 

なので、皆さんも体を拭くタオルはしっかり準備しておきましょうね!!

 

【0歳児の沐浴のポイントはこちら】

www.aonopapa.com

  着替えを準備し忘れる失敗談

1歳児お風呂の失敗談

ママがいる時は、着替えを忘れることはないのですが、パパだけだとついつい忘れてしまいます。

 

着替えがないと、家具がぬらされてしまう!

お風呂に入れる前に、パジャマを用意しているんですが、

タオルの準備を忘れないように!忘れないように!と思っていると、パジャマを忘れてしまうことがあるんです・・・・。

 

パジャマが用意されていると、身体を拭いた後に、すぐに着替えさせる事が出来るので、裸のままへやを歩かれることはありません。

 

ですが、パジャマを忘れてしまうと、テンパってしまい。

身体を完全に拭ききる前にパジャマを取りに行ったりしてしまって、ソファが濡れてしまうことがよくあります。

 

裸のまま歩かれるし、そうなると、パジャマを着せるのがなかなか大変なんです!!

 

皆さんも、着替え(パジャマ)を忘れないようにしてくださいね!

お風呂に入れる時、パパ・ママの服は大事

1歳児のお風呂の用意

 お風呂に一緒に入る場合は、服装は関係ないですが、

子供をバブルバスやシャワーだけの時は、パパ・ママの服装に注意してくださいね!

 

結論から言いますと、 【濡れてもいい洋服】 ということです!

 

僕の場合は、私服では絶対にしません!

下は、短パン(運動着)

上は、濡れてもいいシャツ

 

じゃないと、本当に濡れます!

子供と遊びながら入れていると、気づけばズボンは濡れています!

 

なので、お風呂に入れる時のパパ・ママの服に注意するといいと思います!

 

【ママの子育てイライラでパパがやってはいけない事】

www.aonopapa.com

まとめ

1歳児をお風呂に入れた時の失敗談をお伝えしました。

 

今回は

・タオルを用意する

・着替えを用意する

・パパ、ママの服装に注意する

 

この3つはしっかり押さえておいてくださいね!

 

皆さんも、お風呂だけでなく、色々な事で、失敗したりしていると思います。

それが糧となり、より良い環境を作っていくのだと思います。

 

なので、いろんな方の失敗談を聞き、それをご家庭で生かしていただければと思います!

 

あなたの失敗談がありましたら、気軽にコメント下さいね!

 

あおのパパより

 

 

児童手当を少しでも増やしたい方はこちらを参考に▼▼

www.aonopapa.com