パパの働き方コンパス┃給料・勤務時間を自分で操る仕事術

子供ができてから、「今の給料で本当に家族を養っていける」のか不安になりますよね。今の会社で給料を上げるのは難しい、けど転職に失敗するのも怖いという方が多いのではないでしょうか。

パパの働き方コンパス・給料・労働時間・転職

子育ての教育方針┃正解なんてない!夫婦の形が1番!

子育ての教育方針夫婦の考え

・子育てでの教育方針で悩んでいる

・子育ては何が正しいのか分からない!

そう思っている方に見てもらえればと思います。

 

そして、そう考え・悩んでいるママやパパ!

それだけ子供の事を考えているなんて素敵だと思います!

 

子供が、いい子に育ってくれるように、そして将来困らないように。

周りからいじめられたらどうしようか

逆に、人の子をいじめていたらどうしようか

アホな子にはなってほしくないな

運動ができる子になってほしいな

少しでも勉強が出来る子になってほしいな

人の事をしっかり考えられる子に育ってくれるだろうか

 

親になると、考えると思います!

僕も同じように考えていました。

 

自分の子がしっかりと育ってくれるか本当に心配ですよね。

 

この記事を読み、少しでも、気持ちが楽になり

子育てという責任を負いすぎないようにしてほしいと思います。

 

あおのパパ

 

スポンサードリンク
 

 子育てに正解はない!

【子育てに正解なんて無いと考えています!】

 

逆に、正解なんてあったらつまらないと思いませんか??

 

子供みんな同じような性格になったり、子供みんな同じものが好きになったり。話すことも似たりよったりで・・・・。

 

極端な言い方ですが、そうなったらいやじゃないですか??

 

その家庭、その家庭にて、新たな子育ての仕方があり

そして、またその子供が新たな家庭を作り、親とはまた違う家庭や子育ての違いが生まれる!

そうして、いろいろな個性が生まれたり、いろいろな性格の子が出来ると思っているんです!!

 

そういう成長を見ていく方が楽しいと思いうんですよね!

 

 

ただ!やってはいけない事

・人を傷つけたり

・いじめをしたり

・人の嫌な事をする

・生死にかかわるようなこと

 

それをやった時は、しっかりと理由を聞いてあげて

なんでそうなったのか。

何でそうしてしまったのかを聞くことが大事だと思っています!!

 

ただ、やみくもに怒るのは、僕は好きではないので!

 

子供にも、子供なりの理由があります!

自分が子供だったとき、

「いや、こういうことがあって・・・・・。」

ということが、言えないことがありました。

 

そうすると、怒られたことが耳に入らなかったのです!

 

子供が、何か悪いことをしてしまった時理由を聞いてあげてくださいね!

 

子育ての教育方針は夫婦で決めるが1番

子育ての教育方針は夫婦で決める



 ・教育方針は夫婦で決めることが1番!!

 

ネットや雑誌など、いろいろな情報が飛び交う世の中です!

ですが、そこで、何が正しくて、何が間違っているのかを判断するのがとても難しい時代になってきたと思うんです!!

 

だからこそ、情報に流されるのではなくしっかりと夫婦で話し合い

決めるべきだと思うんです!

 

先日、妻と子供の教育方針の話になりました!

 

親(あおのパパ)からすると、

・こうなってほしい

・こんな性格の子になってほしい

・こういうことできるといいな~

 

と思ってしまいがちです!!それを子供に押し付けるのは、子供がいきずらくなってしまう。と夫婦で思いました。

 

ですが、ある程度決める必要があるなとも考えたんです!

 

ある事柄に、夫婦の意見が違っていたりして、

子供にそれを伝えたときに、子供は迷ってしまう!!と!

 

最低限のルールを決める

・挨拶がしっかり出来る子に

・「ありがとう」、「ごめんなさい」がしっかりいえる子に

 

その思いは夫婦とも一緒でした!

それを子供に言うだけでは、ダメだな!とも思い。

 

夫婦間での会話も「ありがとう」をしっかり入れていこう!

となりました!

 

そうですよね。子供は、親のまねをします!

 

親がいくら「あいさつしなさい」と言っても

親がしていないんじゃ、信ぴょう性がありませんもんね!

 

・夫婦間でのあいさつをしよう。

・ご近所さんに合ったら挨拶をしよう!

 

この最低限のルールを決めました。

 

世の情報なんてどうでもいいんです!

夫婦で話し合い、納得したことであれば!

 

 

教育ばかりに目がいき子供を見ないが1番ダメ!

教育だけではない!子育て

・これをやると子供に良い

・子供にはこうすべきだ!

 

っていう情報を目にして、鵜呑みにして子供も見ずにそれを作業のようにやっていませんか?

 

それを、やって試してもいいと思います!ですが、子供も親も疲れてしまうなら

また話が変わっていきます!

子供にいいということをやって⇒子供・親が疲れてしまっては意味がないです!

その場合は、すぐにやめた方がいい!

 

・なるべく頭のいい子に

・勉強で困らないように

 

そう思うのは分かります!

でも、その中で子供をしっかり見ているかが大事になると思うんです!

子供が辛そうなら、やめるべきだし、聞くべきだし

と思います!

 

教育に目が行っているのは親です!

子供がやめたそうなのに無理にやらせ続けるのはパワハラと同じようなものです!

 

子供をしっかり見てくださいね!

ぼくも、これは注意しないといけない事なので!

 

 

まとめ

 その家庭、その家庭で違っていいんです!

間違いなんてありません!

 

そして、そう考えてくれるパパ・ママの事をしっかり子供は見ています!

夫婦でしっかり話し合い、方向性を決めていくのが1番です!!

 

ママ・パパも疲れたら少し休んでください

愚痴があればどこかで吐き出してください

投げ出しそうになったら、保育園・一時預かり所に預けてください

 

それでいいと思うんです!

 

無理をして、ママ・パパがパンクしてしまうことの方が良くないですから!

 

あおのパパでした!