パパの転職コンパス┃給料・勤務時間を自分で操る仕事術

子供ができてから、「今の給料で本当に家族を養っていける」のか不安になりますよね。今の会社で給料を上げるのは難しい、けど転職に失敗するのも怖いという方が多いのではないでしょうか。

パパの働き方コンパス・給料・労働時間・転職

子供を【パパっこ】にさせたい人必見│子供が「ママ!ママ!」でパパは相手にされない!┃パパの悩み

子供をパパっこにさせる方法

・「子供はママ、ママでパパに振り向いてくれない!」

パパの皆さん!こんな経験ないですか?

僕の場合、5か月~7か月くらいの時がピークでした!

 

ママが行く方へ子供も一緒についていく!

ママに変わってパパも一緒に遊んでいるんだけども・・・・・。

 

ママの方に行ってしまう!!

 

「あぁー、可愛いわが子よ、パパのところに来てくれ!!!」

と心の中で何度思ったことか・・・・。パパならではの悩みだと思います!

 

「パパがもっと可愛がってあげるから!」

「さぁ、おいで!」

 

けど、来ません!の繰り返し!笑

たまに、「あー!やーめた!ママの所に行っておいで!」という気持ちになってしまいますよね!

 

分かります!分かります!

とても切なく、さみしいですよね!

 

子供がパパも相手にしてくれる方法をお伝えします!

 

あおのパパがお伝えします!

スポンサードリンク
 

子供に相手にされないパパの気持ち

 

この気持ち、パパさんなら何度か経験したはずです!!

 

経験していなかったら、何てうらやましい!!と思ってしまいます!

 

・ママの所にしか行かない!

・ママがいなくなると泣く!そして泣き止まない!

・ママが戻ってくると泣き止む!

・パパと遊んでいるのに、ママのとこへ行ってしまう!

 

こんな経験すると、意外と結構ヘコみますよね。

 

「いつかパパの所に笑顔で来てくれないかな」

 「パパと一緒に遊んでくれ~!」

 「パパが抱っこしても泣かないでくれ~!」

 

と心の中でめちゃくちゃ叫んでいました。

 

 

子供からも妻からも相手にされなくなると、男って結構へこむものです!笑

パパさんたち!ここで、

 

「あーー!もういいや!」

「ママに任せよう!」

 

とか思わないでくださいね!

 

諦めるのはまだまだ早いです!

しっかりと向き合えば、子供も妻もしっかり見ていてくれます!

 

人見知りの人が、他人と仲良くなるのに時間がかかるように、

子供も、仲良くなるのに時間がかかるんです!

しっかり時間を作って、関係を構築していきましょう!!!!

 

僕もかなり時間かかりましたから!!恥ずかしながら・・・・。

 

子供に「パパ!パパ!」とパパっ子にさせる方法

 

子供をパパっこにしたい人必見



子供から、【パパ!パパ!】と言われるようになったら嬉しいですよね!

 

何もせずに、パパ!パパ!となるのはなかなか難しいです!

 

だって、自分の事と置き換えてほしいのですが、

あまりかかわりがない人のこと、好きになれないですよね!

 

お互い話して、あ!この人と意見会うな!とか

この人と一緒にいて、なんか落ち着くな!

 

お互いの関わる時間が多いと、そう感じると思うんです。

 

なので・・・・・・。

 

とにかく子育てを手伝おう!

子供と接する時間を多くすることが1番大切です!

何でもいいです!!

 

最初は、ママが近くにいる状態からのスタートの方がいいと思います!

 ママが隣にいながら、一緒にテレビ見たり、

ママと一緒に遊んだり、オムツ替える時に子供をあやしたり

と、最初はどうしていいかわからないと思いますが、

 

最初は、見ているだけでもいいかもしれません!

一緒の空間にいることが大事と思います!

 

僕も、最初は

・おむつの交換の仕方

・沐浴の仕方

・服を上手に着せること

・ミルクの上げ方

・抱っこの仕方

なんて一切わからなかったです!

(妻が1か月里帰りしていたので、そこから僕は置いてけぼりでした・・・・。)

 

ですが、やっていくうちにコツややり方は勝手に覚えていきます!

 

仕事から帰ってきて疲れているかもしれません。

今日は早く寝たいなと思うかもしれません。

ぼーっとする時間が欲しいなと思うかもしれません。

 

けどそれって、ママも一緒です!

ほんの一瞬の間でも、何かしてあげられると、子供も嬉しいと思いますし、

一緒に手伝ってくれるパパを見て愛情を感じると思います!

 

子育ての1つでもいいのでスタートしてみてください!

子供のパパに対する変化が徐々に出てきますよ!!

 

 

帰ってきたらハグをする!

家族の決め事として、我が家では帰ってきたらハグをする!

 

ということを決めています! 

 

ハグをするのは、子供もそうですし、ママへもします!

 

今日、

・お仕事お疲れ様

・保育園頑張ってきたね

・パパは子供を愛しているよ

・ただいま、おかえり

を伝える一つの手段でもあるし、+言葉で行うとしっかり伝わると思うから!

 

そして、ここの一番の醍醐味は・・・・・

 

帰ってくると、パパとハグ!を覚えるからです!!

 

すると、自然と子供の方から手を伸ばしてきてくれます!

 

帰ってきて、子供がパパー!

って手を伸ばして待っていてくれた時!!本当に幸せを感じます!!

 

ぜひ試してみてください!

 

ママともハグすることも大事ですよ!!

 

裏技「ママの機嫌悪い時に味方になる」

これは、せこいやり方かもしれません!が!

 

僕は良いと思っています!

夫婦一緒に子供を怒ってしまうと、子供は逃げ場がなくなるからです!

 

子供にも、逃げ場を作ってあげることは大切です!

 

そこで、パパのチャンスです!!

 

例えば

「ママの機嫌が悪くて、感情的に怒ってしまう時」

人間なので、イライラしてしまうこともありますよね。

 

そこで、ママを責めるのではなく、

ママの悪口を言うのではなく、

 

子供と一緒に遊んであげたり、

ママは、こう言いたかったんだよ。としっかり意図を伝えてあげる。

 

そうすると、ママの事も理解しようとしてくれるし、

 

「パパは 僕の私の味方だ!!」

 

と思ってもらえます!!そうしたらパパっ子にもママっ子にもなると思ってます! 

 

そうすると、

いい親子関係・いい夫婦関係が作れると思います!

 

パパが相手にされなくなる理由

子供にパパが相手にされなくなる理由



 パパが子供に振り向いてくれないと、本当にさみしい気持ちになります!

 

最初の数か月は仕方ないと思います。

子供も、訳が分からず、だれが安全なのかの判断ができないので。

 

ですが、大きくなっていくにつれて、パパもしっかり安全でパパ好き!

となる日が来るはずです!

 

そうならない人は、理由があります!

 

ママの言動

ママがパパの悪口を言っていると、子供もパパの事を好きになれません!

 

なので、ママさんたちも少し気を付けてほしいと思います!

 

愛するわが子に、自分の悪口を言われていたら嫌ですよね。

子供を発散の場所にしてしまうと、子供はそれを聞いていて、

パパ・ママを良いように思えなくなってしまいます。

 

そうすると、親子関係も悪くなってしまうと思います。

心の底から、パパ・ママの事を好きになれなくなってしまうんです。

 

そうですよね、友達が悪口言っているのを聞いて、

その悪口を言われた人の事を良いようには思えないですよね。

それと一緒なんです!!

 

触れ合う時間が少ない

触れ合う時間は多ければ多い方がいい!

 

 パパさんたちは、仕事で、夜遅くに帰ってくることもありますよね。

仕方ないと思います。

けど、休みの日や朝の10分、20分くらいは

子供と触れ合う時間は作れますよね!

 

僕も、以前の職場は、22時ころに家につく仕事だったので、

帰ってきた時間には、子供は寝ていました。

 

ですが、朝の時間や休みの日の時間は子供と一緒にいました!

それだけでも、全然違います!

 

 

子育ての役割がない

「何もしないと一緒に住んでいる人」になってしまいます!!

 

何か一つでも役割を担ってください!

 

例えば、

・お風呂はパパが入れる

・お着替えはパパがする

・おかあさんといっしょのときに一緒に遊ぶ

 

何でもいいです!!

何か一つでも、パパのやることを決めるといいです!!

 

そうしないと、ママがすべてやってしまうことになり兼ねません!

そして、すべてがママ主体となり、

一緒に子育てというより、ママの言うこと聞く同居人になってしまいます!

 

自主的に1つでもやってみてください!

そこに、妻への愛・子供への愛が出てきます!

 

役割がないと、本当に何にもしなくて1日が終わっちゃいます!

そうならない為に、家族の為に1つでいいので行動してみてください!!

 

ママの大変さを知る上でも大切かもしれません!

 

 

 まとめ

 なるべく多く、子供と接する機会を増やしましょう!!

 

そして、一緒に子育てをしましょう!!

 

そうすれば、子供もママも喜びます!!

 

一緒に何かをするって結構気持ちがいいものですよ!!

 

そして、みんなが笑顔になります!

 

あと、裏技はぜひ使ってくださいね!!

 

あおのパパでした!