あおのパパ

【仕事を早く帰る方法】は報連相で決まる|すぐに実践できる5つの方法

仕事を早く帰る方法

仕事を早く終わらせ、会社から早く帰る為には報連相がとても重要です。

上司になんて伝えるか、上司への相談のタイミング、報告の仕方次第で仕事を効率的に進める事が出来早く帰る事が出来るんです。

 

・早く帰るために、なんて伝えたらいいのか。

 

・上司が忙しそうだから、報告を後回しにしてしまい帰りが遅くなってしまった。

 

・相談するタイミングが遅く、仕事がなかなか終わらなくなってしまった。

 

・仕事効率を上げて早く帰りたい

 

あなたは、こんなことを感じた経験はないですか?

 

会社から早く帰る為にはちょっとしたコツが必要なんです。

決して難しいものではなく、誰でもすぐに実践できるものです。

 

ですが、なかなか実践できている人は少ないのが現状です。それは、日本人ならではの「まじめさ」が関係しています。

 

上司の事を考えて話をなかなか切り出せなかったり、周りの頑張っている同僚や上司を見て早く帰るのをやめてしまったり、

 

上司の顔色をうかがって相談出来なかったりと報連相の問題で早く帰れない人が多くいます。

 

なので今回は、仕事を早く帰る為の報連相の仕方を説明して行きます。

スポンサードリンク
 

報連相の切り出し方で、会社から早く帰れるか決まる

 上司に案件を報告する時や今進めている仕事を確認してもらう時に

「今、時間よろしいですか?」と聞くことが多いのではないでしょうか。

 

この時の、上司から帰ってくる言葉として

「今時間がないから後でにしてもらえる?」

「急がなくちゃいけないもの?」などといった言葉が返ってくる事って結構多いと思います。

 

それで、

・「また後にするか・・・・。」

・「今日、上司の機嫌が悪いから後にしておこう」

となり、自分の仕事を後回しにしていませんか??

 

実際に僕もそうでした。

今日は、聞きやすい雰囲気だから聞けるな。とか

 

「ちょっと時間いいですか?」と聞いてしまいはねのけられてしまうだとか。

 

でも、この繰り返しを何度も行ってしまうと、本当に時間がかなり無駄になってしまいます。自分の時間を削ってまで仕事をしなきゃいけないことになってしまうんです。

 

・本当は、2~3分で確認が取れて終わりの事柄であったり

・確認が取れればすぐに取り掛かることができる仕事であったり

 

上司の確認が遅れたばっかりに、自分が残って残業をしなくてはならなくなってしまいます。

要するに、報連相の切り出し方では、早く帰れるものも早く帰れずに残業をしなくてはいけないことになってしまいます。

 

 では、どうしたらいいのでしょうか。

 

実は、これを避けるためのいい方法があります。

 

それは、

 

「1分(又は3分)ください」

 

 と伝えることです。

まず大事なのは、上司に「少しお時間よろしいですか?」という時間をあいまいにして伝えないということです。

 

上司に1分くださいということで、上司のタイムスケジュールとして時間がわかるので、聞き入れてくれることが格段に上がります!

 

上司にあなたを受け入れやすい状態を作ることが大事なんです!

 

その際に、注意しなきゃいけないことが、報告事をしっかり頭の中で整理しておくことです。

 

これをしておかないと、「こいつ、時間ばかり取るけど何を伝えたいのかわからない」

となってしまうと上司からの信用がなくなり話を聞いてくれなくなってしまいます。

 

信用を一度失ってしまうと、取り戻すには大変な時間がかかります

 

逆に、しっかり1分という短い時間で要件をまとめ伝えることができればあなたへの信頼がまし、話を聞いてもらえるようになります。

 

そして、報連相しやすい環境となり早く帰ることができるんです。

早く帰り、子供と一緒にお風呂に入ったり、遊ぶ時間を作るためにも、報連相の切り出し方が大事になるんです。

 

ですが、ブラック企業の場合、報連相以前の問題で会社から帰れないという事実があると思います。

 

そして、長く働くことへの不満であったり会社への不信感が強くなっているのであれば、「長時間労働をやめる方法」をご覧ください。

www.aonopapa.com

 

仕事を早く帰るには、チェックを受けるタイミングが重要 

チェックを受けるタイミングが早く帰るのに重要

仕事効率を上げる為には、チェックを受けるタイミングが重要です。

それが、早く帰る為に必要になってきます!

 

仕事をしていて、最も時間がかかってしまうのは、

・資料作成を完成した後の1からの作り直し

・上司やクライアントからの急な方向転換

・報告書類のミス

などではないでしょうか。

 

資料作成の作り直しや急な方向転換で、しかもそれが締め切りがギリギリだと時間外で働かざるを得ないですよね。

 

せっかくの資料が無駄になり、時間も無駄にしてまうことになるんです。

 

今週末は家族で出かけるぞ! 子どもとめいいっぱい遊ぼうと思っていても、これでは、いけなくなってしまいます。

そうはなりたくないですよね。

 

これを、避けるための方法があります。

 

「報連相を早め早めに行う」ということです。

 

そんなことか、と思った方もいるかとは思いますが、意外とできていない人が多かったりします。

例えば、仕事の大枠が終わってから報告していませんか??

 

大枠ができてからの報告ではなく、大枠に取り掛かる前に要点や進めていく流れやスケジュールなどを事前に確認してから仕事に取り掛かったほうが、間違いが少なく済みます。

 

それから、大枠ができてから報告するの流れのほうが、「確実に仕事がスムーズに進みます。」

 

こんな方もいると思います。

 仕事のチェックを受けるタイミングを早くしているのに、なかなか時間内に終わらず、帰れない状況の方もいるのではないでしょうか。

 

そういう方は大抵、頑張り過ぎていることが原因です。

 

あなたの仕事以外の仕事も手伝ってしまったり、他の方がやらなきゃいけない仕事を引き受けてしまったり、上司が仕事を押し付けてきたりしていませんか?

 

そんな方は、仕事をしっかり断る必要があります。【「仕事を断る方法」取るべき3つの行動】をご覧ください。

www.aonopapa.com

 

スポンサードリンク
 

 仕事の報告に重要なのは接続詞

説明に重要なのは接続詞

説明を簡潔に、しかもわかりやすくする為には接続詞がものすごく大事になって来ます。

仕事の案件や相談の説明がスムーズだと速やかに仕事に取り掛かる事が出来、家に早く帰れる事につながっていくんです。

 

例えば、あなたが上司に何かを報告する際に、あなたの報告の時だけ上司からの質問がいっぱい来たり、重箱の隅をつつくような質問が来たりしませんか?

 

それは、上司に報告・説明を上手くできていないことが原因です。

 

上司に上手く報告・説明できない人の多くが、報告する時に、「えーと」、「その~」、「ん~~」(一時考える時間)を使っていませんか??

 

これだと、話が一回一回止まってしまい、何を伝えたいのか聞き手が分かりづらくなります。また、何が重要なのかを把握しづらくなるのです。

 

これを解決する簡単な方法があります。

 

【「開始のセリフ」と「説明と説明の間のセリフ」を決めておくこと】

 

簡単に言うと、接続詞をあらかじめ用意しておくと、言葉に詰まりがなくなります。

そして、接続詞があると、話にストーリーができやすいので聞き手も聞きやすく話が入ってきやすいんです!

 

話の内容が、

「~~で、~~~~だったんだよ。」よりも

「~~~~があって、それから~~~~だったんだよ。」

 

のほうがストーリー性が出ます。個々から詳しく話すんだなと聞き手も聞きやすい体制になるんです。

 

それを、上司の説明の中に入れていきましょう。

すぐに使える接続詞としては

・「具体的に言うと」

・「しかし」

・「ですが」

・「つまり」

などが使いやすいかもしれません。

 

話の展開をスムーズにするために、接続詞を意識して説明してみてください。

これが、あなたへの信頼につながります!!

 

また、話がスムーズだと、報告の1個1個に質問が来ないので、仕事が増えなくて済みます。あなたの印象を良いものにしましょう。

 

そして、早く帰れる環境をつくっていきましょう。

 

上司からの質問の答え方

上司の質問の答え方で、家に早く帰る

職場の上司から質問があった場合や報告している際に聞かれることって多いですよね。

この時に、理由から答えていませんか?

 

 例えば、

「この前の報告書終わったの?」という質問に対して、

 

「今、こちらの仕事のほうを優先するように○○さんから言われたので、先に、こちらの仕事をしています。終わり次第、取り掛かろうと思います。」

 

 と理由や背景から話し出したりすることが多いのではないでしょうか。

しかも、この場合終わったのか終わっていないのか・途中まで終わっているのかの報告もありません。

 

要するに、質問者が一番聞きたい答えが返ってきていないんです。

質問者が一番聞きたいのは、報告書が終わったのか・終わっていないかが知りたいんです

 

ここで、一番大事なのは、

「質問の答えを最初に伝えることです。」

 

つまり「はい、終わりました」「いいえ、まだ終わっていません」から答えることが重要です!

 

そのうえで、必要であれば理由や背景をお伝えすることがスムーズに会話を進めることができます。

 

上司の中には、終わっていないと、「なんで終わっていないんだ。」「何日もあったのに遅くないか。」と言ってくる上司がいると思います。

 

そういうときに、しっかりと理由を話すべきです!

 

僕もそうなんですが、そういわれたときに「はい、すみません。」で終わらしてしまうことがあります。そうすると、本当に優先してやった仕事までも文句を言われることが多いんです。

 

こういう時は、勇気をもって理由を話しましょう。

それでも、ぐちぐち言われるようなら逃げ道として転職を考えてもいいかもしれません。

 

逃げ道は決して悪くありません。あなたが嫌な環境、嫌な空間にいることから逃げることはあなたのためにもなります。

実際に僕がそうでしたから!

 

嫌なことから逃げていいんです。自由にあなたらしい生活を過ごしていいんです。

人生を自由に生きる為に」で詳しく書いています。

www.aonopapa.com

 

スポンサードリンク
 

報連相で上手くいかず早く帰れない場合

報連相で上手くいかず早く帰れない場合

報連相をしっかりと行っているにもかかわらず、急に仕事を変更してきたり、急に仕事を振ってきたりして「もう無理!」と思った時は、転職も視野に入れておくと気持ちが楽になります。

 

あなたの仕事を終わるのを見計らうように、終わった次の日にはまた新しい仕事を振ってきたり、やってもいない仕事を丸投げしてきたり。

 

僕の場合は、何も上司から教わっていない仕事を「これ来週までに終わらせておいて貰える?」と言われた事があります。

 

その上司は、分からない仕事を聞くと、「なんでわからないの?」「前に教えたよね?」と本当は、教わっていないのに、教えるのが面倒くさくて教えてくれない人でした。

 

なので、違う上司の方やこの仕事の分かる同僚に聞くしかありませんでした。

 

直属から教えてもらっていないので、作業には時間がかかり、本当に大変でした。しかも、チェックが結構厳しいんです。

 

でも、終わらせないと帰れないし、その上司からの評価が下がるとボーナスに影響してくる状況でしたのでやらざるを得ない状況だったんです。

 

他の部下にも同じような事をしていたらしく、社内では上司にしたくない人で有名になり、それが回りまわって上司よりももっと上の人に伝わっていたんです。

 

後に分かった事ですが、それは他部署の上司の方がそれを上の方に報告してくれていたんです。

 

その上司は、異動となりました。

それがなければ本当にやめていたかもしれません。

 

もし、あなたも理不尽な要求を受けていたり・無理難題な仕事が回って来るような事があったら、そのような仕事から離れて信頼できる職場で働きましょう!

 

ちなみに、ミイダスなら、登録するだけであなたの経歴やスキルからあなたの市場価値が分かります。

 

そして、市場価値が分かるので登録後すぐに書類選考合格済みのオファーが企業から届きます。ミイダスの特徴としてオファーの応募期限がない為それが、あなたの資産になります。

 

あなたに興味を持っている企業が分かり、希望条件を設定すると条件に合致したオファーのみの通知なので、ストレスなく見る事が出来ます。

 

もちろん登録も利用も無料です。転職、求人情報なら転職サイトの【ミイダス】

 

なので、「仕事をしっかり終えているのに、早く帰れない!」と思ったら、ミイダスから届くメールを見ながら次の職場を探してみるのも良いかもしれません。

 

それだけでも、気持ち的に楽になりますよ。

 

そして、今の職場よりも良い条件の会社を見つけたら、転職すればいいんです。

 

転職サイト登録しているだけで、精神的な逃げ道が出来るので、仕事と子育てと家庭と色々なストレスを抱えているのならとりあえず登録しておいてチャンスを逃さないようにしましょう。

 

【あなたを本当に求めている職場を探すなら今すぐ登録】 

転職、求人情報なら転職サイトの【ミイダス】

 まとめ

 仕事を早く帰り、子供と一緒に遊んだり家族との時間を過ごす為には、職場での報連相が大事になります。

 

なので、ほうれんそうをしっかり行えば早く帰れる職場なのか、上司が信頼できる人かによってもだいぶ変わってきます。

 

あなたがどんだけ頑張っても早く帰れない。理不尽に仕事を振ってくる上司がいたり、会社の事情としてどうやっても仕事を早く帰れない場合は、早急に転職をしましょう。

 

とりあえず転職サイトに登録しておくと「早く帰れる会社で仕事をしたい」と思ったときにすぐに行動する事が出来ます。

 

【あなたを本当に求めている職場を探すなら今すぐ登録】 

転職、求人情報なら転職サイトの【ミイダス】

スポンサードリンク