あおのパパ

児童手当の賢い使い道┃児童手当を少しでも増やしたい方へ

児童手当の賢い使い道┃児童手当を少しでも増やしたい方へ

【児童手当をそのまま貯蓄していない?】 

【児童手当を普段の生活に使ってる?】

皆さん、どのように使ている又は貯蓄していますか??

 

賢く児童手当を使うことにより、児童手当の金額よりも上乗せして

帰ってくるものがあります!

 

そのままの金額より、少しでもお金を大きくしたいですよね!?

それでは説明していきます。

 

スポンサードリンク
 

児童手当とは

お子さんがいる家庭で、

お子さんが中学生までは「児童手当」というものが国から支給されます!

 

3歳未満までは15,000円支給されます。

3歳から中学生までは、10,000円支給されます。

 

第3子以降になると小学校まで15,000円もらえる仕組みになっています。

 

お子さんがいる家庭での、児童給付によるお金って本当に大事ですよね。

 

このお金で、子供の将来の進学に向けて貯めたい!という方が多いと思います。

 

僕も、そのうちの一人です。

 

今後の給料が今どうなるか分からないし、

保険会社に行って話を聞くと、子供1人当たり、1000万近くかかるとも言われ、

色々と大変なんだということを思い知らされます。

 

なので、将来のお子さんの為に、しっかり自分たちで

子供の進学のお金を準備していきましょう!

 

 

児童手当を『学資保険』で増やす!

【児童手当の金額の中から学資保険を払っていく方法】

これは、僕がやっている方法です!

 

子供がまだ0歳児ですので、支給額は15,000円です。

 

学資保険の金額を13,000にしています。

 

この金額を払っていくと、利息が8万円程ついて帰ってきます!!

 

しかも、2千円余っての8万が増えて戻ってきます。

 

3歳になってからは3,000手出しが出ますが・・・・・。笑

 

僕の場合

大学進学時100万円

各学年ごと50万円

程支給されるプランになっています。

 

学資保険にするメリット

・自動引き落としなので、しっかり貯蓄される

・戻ってくる金額が決まっているので、安心

・進学と同時に戻ってくるので、お金を使ってしまうことが無い

・支払者が死んだ場合、支払わなくても支給される

 

学資保険でのデメリット

・返戻率が大きくない

・支払年数を縮めないと利息が少ない

 

児童手当を『終身保険』で増やす!

【児童手当の金額の中から終身保険を払っていく方法】

 

保険の方と話すと、子供の進学費用や貯蓄する際は

こちらを勧められることが多いです!!

 

保険の方の話を聞くと、終身保険で貯めるといいかも?

と思ってしまうかもしれませんが、

しっかりメリットデメリットを把握したうえで決めてくださいね!

 

この、終身保険で貯蓄をすると聞くとどういうことか分かりずらいですよね。

なので、詳しく説明していきますね!

 

終身保険とは

保険の契約者が死亡・高度の障害を抱えてしまった場合に、

被保険者に死亡保険金が支払われる保険のことです。

 

要するに、死亡したときに支払われるお金のことです!

 

終身保険が学資保険の代用になる

【終身保険の支払期間を短くすることにより学資保険の代用になります】

 

どういうことかと言いますと、

終身保険を10年・15年・20年と期間を決めて支払うことにします。

 

例えば10年の場合、

月々3万円かけたとします。

 

すると、3万×12か月=36万/年間

支払うことになりますね。

 

そして、10年の支払期間なので

36万×10年間=360万

を支払うことになります。

 

終身保険には、解約返戻金というものがあります。

支払期間中に降ろす事が出来ますし、10年たって降ろすこともできます。

 

終身保険のいいところは、支払い終わった後、放っておいても

返戻率がどんどん増えていく点です!

 

保険会社によって違いますが、学資保険より利息が大きいところが多いです!

 

返戻率を上げてから降ろせば、子供の進学費用になるということです!

 

終身保険のメリット

・返戻率が大きい

・死亡・高度障害になった場合、支払われる

・下さなければ、一生保証が付く

 

 

 終身保険のデメリット

・支払途中で解約すると元本割れする

・進学時に降ろせないことがある

・死亡した場合、その場で支払われるため管理が難しい

 

まとめ

児童手当を、そのまま貯めていく方法もあると思います!

 

ですが、少しでも、多くお金として受け取りたいのであれば、

学資保険や終身保険にすることをおススメします!!

 

 何も、リスクを取りたくないのであれば、

そのままの児童手当の金額を銀行に貯金するのがいいかもしれません。

 

ですが、学資保険にも終身保険にもメリットはあります!

 

二つの保険のメリットの共通点として、

①契約者が死亡した場合に、支払わなくていい

②契約者が死亡した場合でも、支給額が支払わられる

 

ということです。

単に貯金をしているだけでは、保証されません。

 

この点は、すごく大きな点かもしれません!

 

ご自身に合った貯蓄・投資の仕方をしてくださいね!!

 

あとは、保険の方の話をそっくりそのまま鵜呑みにするのではなく、

ご自身でも少し調べてみてください!

 

そうしないと、保険屋さんの保険屋さんが入ってほしい商品を購入することになります。

それが、自分たちに合っているのか、自分たちの方向性に合っているのかを見極めてください!!

 

ちなみに、私たちの夫婦の場合、

児童手当がそのまま銀行に入っていたら、もしかしたら

使ってしまうかもしれない。

 

強制的にひかれる形を作り、使えないようにしたい。

しっかりもらえる金額を知り、それまでにどのくらい必要なのかを知っときたかったので、学資保険にしました!!

 

参考にしてみてください!

 

あおのパパでした!

スポンサードリンク